令和4年1月24日の事【4】

島津義弘関ヶ原の戦いでの敗走の折りに、わざわざ敵陣の総大将徳川三河守家康の本陣を中央突破する策に出たのでございます。

我が先祖も、地頭職から戦国大名に格上となり九州地区を北側に進行していたのでございます

ところが同じ肥前國の有馬家から、何と裏切りの憂き目に遭遇したのでございます。

有馬家の娘を、我が先祖の惣領家は嫁にしていたのでございます。

有馬家は、我が先祖の惣領家の舅殿の家筋でございます。

その舅殿が、何と我が家に反旗を翻して来たのでございます。

有馬家だけの反旗ならば、我が先祖の実力で対応すれば討伐出来たのでございます。

ところが有馬家は、我が先祖と対立関係にある島津家に応援要請をしたのでございます。

島津家では、有馬家からの応援要請に従い鬼島津と云う異名を持った島津義弘を送り付けたのでございます。

そして我が軍勢の五万騎馬に対して、有馬家&島津家連合軍は1万騎馬でございます。

軍勢の数ですれば、我が軍勢の方が有利でございます。

しかしながら合戦場は、有馬家の本拠地島原の地でございます

また島津家の中でも合戦上手な島津義弘の率いる精鋭部隊でございます。

我が先祖の軍勢は、我が先祖の惣領家が身勝手な振る舞いが数多存在した為に本心から家臣筋に就任していた武士が少なかったのでございます。

そこで五万騎馬の軍勢は、忠誠心に欠けていたのでございます

我が先祖の軍勢のほとんどが、真面目な態度で合戦に参加していた武士は少なかったのでございます。

合戦の顛末は、我が先祖惣領家の討死と云う最悪のパターンで終了したのでございます。

その後は豊臣秀吉から徳川三河守家康の政権に移ったのでございます。

徳川三河守家康は、江戸幕府を創設するに当たって石田三成関ヶ原の戦いで打ち破る必要性が存在したのでございます。

島津家は、本来的には徳川三河守家康方に味方する予定でございました。

ところが経緯上、石田三成の西軍の武将として参陣したのでございます。

関ヶ原の戦いが開始されたのですが、島津家の軍勢は微動だにしないのでございます。

石田三成は、島津義弘の陣に使者を送り付けたのでございます

すると島津義弘は、石田三成の家臣筋ではございません。と返答したのでございます。

島津家には、島津家本来の合戦スタイルが存在すると云ったのでございます。

そして西軍の敗北が決定した時に、島津義弘は傍らに居た家臣筋に聴いたのでございます。

徳川三河守家康殿の軍勢で、一番に勢いがある武将は誰かと訪ねたのでございます。

家臣筋は答えました。

今だけ勢いがある武将の陣は、総大将の徳川三河守家康殿の陣でございますと答えた。

島津義弘は云ったのでございます。

その勢い盛んな徳川三河守家康殿の陣を攻め立てよと云ったのでございます。

其処から島津義弘の徳川三河守家康の陣中突破が実行に移されたのでございます。

総大将徳川三河守家康の首も、あと少しで討取る事が出来たのでございます。

しかし多勢に無勢でございます

島津義弘は、方向転換して堺を目指したのでございます。

堺には、島津家の舟が存在したのでございます。

しかし3千人の軍勢で、堺まで到達出来た武者は10人でございました。

関ヶ原の戦いの後に、徳川三河守家康は島津家の隣地を減らす事も無く安堵したのでございます。

そして島津家は、70万石の石高を有する薩摩國と大隅國2カ国の太守に指名されたのでございます。

我が先祖も鍋島弾正忠家に横取りされる事が無ければ、肥前佐賀藩35万石の太守でございました。

悔しくて悔しくて頭が痛くて頭痛薬を飲みました。

令和4年1月24日の事【3】

藤原成親と云う三流貴族が存在したのでございます。

白河天皇陛下は、生え抜きの貴族階級の私的な隣地の拡大を抑える為に院政と云う変則的なシステムを編み出したのでございます。

幼い息子さんに天皇陛下の位を譲るのでございます。

幼い天皇陛下には、摂政関白家の人が補佐役として政治を補佐するのでございます。

ところが幼い天皇陛下の父親が院の御所で上皇陛下として息子さんの政治を補佐するのでございます。

本来的には、天皇陛下の補佐役は摂政関白家でございます。

しかし院の御所に於いて、天皇陛下の政治を補佐する上皇陛下に権力が集中したのでございます。

生え抜きの貴族摂政関白家は、政治的権力が薄れて私的隣地の拡大も細くなってしまったのでございます。

また上皇陛下の政治を司る院には、武家階級の人が北面の武士として集まって来たのでございます。

また貴族階級でも、生え抜きの貴族では無く三流貴族階級の人が院の御所に集まっていたのでございます。

その中で後白河上皇陛下のお気に入りの三流貴族藤原成親は、何と官職が進んで大納言まで昇進していたのでございます。

大納言職の定員は、五人でございます。

三流貴族の藤原成親が、五人の定員大納言職に昇進出来たのは異例中の異例な人事でございます。

ところが藤原成親は、大納言職だけでは満足する事が出来なかったのでございます。

生え抜きの貴族も、二流三流の貴族の誰もが就任したい官職が武官の最高職近衛府の左大将と右大将が存在したのでございます。

しかし武官の最高職近衛府の左大将と右大将は、誰もが就任出来る官職ではなかったのでございます。

就任出来たのは、摂政関白家の息子さんたちでございました。

また二流貴族のお公卿さんも、時々就任したのでございます。

しかし三流貴族の藤原成親は、武官の最高職近衛府の左大将と右大将に就任出来るはずがなかったのでございます。

しかし後白河天上皇陛下のお気に入りの藤原成親は、武官の最高職近衛府の左大将と右大将に就任する野心を燃やしていたのでございます。

令和4年1月24日の事【2】

筋肉トレーニング&体操は80%でございます。

朝入酸素運動は20%でございます。

朝我が先祖の宗派浄土真宗本願寺派の読経は完璧でございます

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・現世利益和讃。

親鸞先生バンザイ🙌でございます。

法然上人バンザイ🙌でございます。

我が家の再興&復興は間違い無しでございます。

我が事業の急上昇気流に乗る事間違い無しでございます。

常陸國の有力者は、桓武天皇陛下の子孫であり平の姓を賜り臣下の身分となり上総介と云う地方長官に就任した平國香と云う人物でございます。

平國香は、甥の平将門との合戦に打ち負かされて戦死したのでございます。

しかし平國香の子孫は、常陸國の大掾職を世襲したのでございます。

ところが源頼朝が、反平氏の謀反を坂東地区の武者と一緒に旗揚げしたのでございます。

一様は常陸國の大掾氏は、平清盛と同じ桓武平氏系統の家筋でございます。

しかし関東地区の武者たちは、源氏系統の源頼朝の謀反に加担しているのでございます。

常陸國の大掾職は、朝廷から任命された官職でございます。

しかし関東地区の武者のほとんどが、源頼朝の謀反に加担しているのでございます。

常陸國の大掾氏も、嫌嫌ながら源頼朝の陣に名刺入れを持ち参陣したのでございます。

そして源平合戦では、源氏方の圧勝に終わったのでございます

源氏方に加担した常陸國の大掾氏は、鎌倉幕府から常陸國の守護職を拝命すると思っていたのでございます。

ところが源頼朝は、常陸國の守護職に指名したのは小田氏と云う宇都宮家の系統の人だったのでございます。

一方で常陸國の大掾氏は、1地域の地頭職に補任されたのでございます。

大掾氏は、当然の事ではございますが格下げ人事でございます

守護職を拝命した小田氏は、何と源頼朝の隠し子だったのでございます。

源頼朝の妻北条政子は、夫源頼朝一筋でございます。

源頼朝の浮気は絶対に許さなかったのでございます。

そこで源頼朝は、仲が良かった下野國の守護職宇都宮家に相談したのでございます。

宇都宮氏は、征夷大将軍💟源頼朝に対して提案したのでございます。

我が宇都宮家の下野國は、相模國鎌倉から離れているのでございます。

北条政子様に隠し子の事がバレたとしても、下野國まで暗殺&打ち壊しには来る事が出来ないと思いますと云った。

もしも北条政子様が、下野國の御家人たちに打ち壊しを命令したとしても我が宇都宮一門衆ばかりでございます。

北条政子様の命令に従う我が宇都宮一門衆は皆無と思うのでございます。

こんなアドバイスを受けた源頼朝は、隠し子を宇都宮家の一門衆として育て上げたのでございます。

そして八田氏を名乗らせて、宇都宮一門衆の人として常陸國の守護職大名に抜擢したのでございます。

小田氏は、鎌倉時代から室町時代の間常陸國の守護職大名として君臨したのでございます。

しかしながら途中には、常陸國の源氏系統佐竹氏やあの常陸國の大掾氏が何回か守護職大名に指名されたのでございます。

しかしながら小田氏は、戦国時代は生き抜く事が出来ましが江戸幕府の大名には列する事が出来なかったのでございます。

我が先祖と同じように、名門の家筋ではございますが江戸幕府の大名にはなれなかったのでございます。

しかしながら我が家は、地頭職クラスでございます。

一方で小田家は、守護職大名クラスでございます。

少しだけ我が先祖の家筋よりも小田家の方が格上でございます

悔しいのでございます。

令和4年1月24日の事【1】

昨日の大河ドラマ源頼朝と13人の仲間たちは面白かったのでしょうか?

私自身は、テレビ📺を所有していない為に大河ドラマを鑑賞する事が出来ないのでございます

源頼朝の先祖は、陸奥守兼鎮圧府将軍職を朝廷から拝命して陸奥國の地主阿部一族の追討に旅立ったのでございます。

そして坂東地区の鎌倉に戦隊本部を置いて、坂東地区の武者たちに激を飛ばしたのでございます。

坂東地区の武者たちは、源氏系統の大将で陸奥守兼鎮圧府将軍職源頼義源義家親子の陣に参陣したのでございます。

坂東地区の武者たちは、自分自身の隣地拡大に命を掛けていたのでございます。

現在では一生懸命と云う漢字を使用するのでございます。

しかしながら鎌倉の武者たちは
一所懸命と云っていたのでございます。

生きる為に懸命になるのでは無く、一つの所を命を犠牲にしても守り抜く事が坂東武者の使命でございました。

其れは子孫の為であり、家の拡大の為でございます。

源義朝と13人の仲間たちの坂東武者は、大大名各の武者とは云いながら学識薄く喧嘩ばかりが強い暴力集団でございます。

その中で北条家などは、源義朝平氏政権に対して謀反の合戦を催した時に調達出来た武者は50騎馬でございます。

北条家とは、伊豆國の中では小さな地主でございます。

伊豆國の大大名各は、伊東や工藤や河津などを排出した狩野家でございます。

狩野家が動員する事が出来る軍勢は、万の数でございます。

一方で北条家が動員出来た軍勢は、50騎馬でございます。

北条家と云うのは、其れ程度の武士階級でございます。

源頼朝は、武家貴族階級とは云え平治の乱に敗北した敗軍の将であり流人の身分でございます

この流人生活を影で援助した武士が、現在の埼玉県比企郡の地主比企氏でございます。

比企氏は源頼朝の乳母であり、北条家とは違い流人生活前からの蜜な関係性が存在したのでございます。

源頼朝も、関東地区の有力者であり乳母でもある比企氏を優遇したのでございます。

北条義時は、真っ先に比企氏を自分自身の館に宴会と称して誘き出し騙し討ちにしたのでございます。

この事件によりて13人の仲間たちの有力者1人を排除したのでございます。

残る有力者は、11人でございます。

令和4年1月22日の事【4】

大半の人々は、今は源頼朝と13人の仲間たちの大河ドラマを視聴中だと思うのでございます

源頼朝は、京都にも屋敷を持ち武家貴族階級として他の貴族階級とも親交がございました。

しかしながら源頼朝と13人の仲間たちの大半は、貴族が地方の武士を手懐ける方法として朝廷から衛門府の番人のような役職を3年間与えて肩書に使用可能な待遇をしたのでございます

大判役勤務を終了した地方出身の武士たちは、先祖代々朝廷から頂いた役職を肩書に使用したのでございます。

13人の仲間たちは、関東地区の大大名であり先祖は坂東平氏でございます。

しかし関東地区は、宮から遠く貴族階級が国府に赴任する時に京都風の文化に触れるしか機会が無いのでございます。

毎日毎日の生活スタイルは、田畑を耕し治水や時には隣地の武士団と隣地境界争いで合戦すると云う生活スタイルでございます。

下野國の住人で新田入道と云う源氏系統が存在したのでございます。

利根川を挟んで足利家と秩父家が、合戦に及んだのでございます。

足利家も源氏系統であり、新田入道は同じ源氏系統のよしみも有り足利家に加勢する事になったのでございます。

そこで新田入道は、舟で秩父家の軍勢を攻め立てようと考えたのでございます。

ところが舟を、秩父家に調達されてしまったのでございます。

渡る舟が無くなった新田入道は家臣筋に云ったのでございます

他人から合戦の援助を頼まれながら、渡る舟が有りませでしたと云えるわけが無い。

もし渡る事が出来ずに、合戦の援助が出来ませんでしたと云えるもんじゃ無い。

そんな事になれば、末代までの一家一門衆の恥であるぞと云ったのでございます。

新田入道は、家臣筋を励ましました。

利根川を舟が無くて渡る事が出来ませんでしたと云えるもんじゃ無い。

とにかく死ぬ気で渡せ渡せと云って全ての家臣筋が、坂東太郎【利根川】と云う大河を舟無しで渡したのでございます。

坂東地区の武者は、勉強よりも恥を嫌い勇猛さを誇りたがる傾向がございます。

源頼朝と13人の仲間たちも皆勉強嫌いで野蛮な輩でございます。

京都の公卿集団が一番嫌いなタイプは野蛮なタイプの人々でございます。

令和4年1月22日の事【3】

朝筋肉体操&トレーニングは80%は実現したのでございます

筋肉トレーニング&体操の内容は、3キログラムのダンベル上下運動二百回実行でございます

朝入酸素運動は80%は実行したのでございます。

内容的には、1時間程度の散歩でございます。

朝我が先祖の宗派浄土真宗本願寺派の読経の実践でございます

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・現世利益和讃。

親鸞先生バンザイ🙌でございます。

法然上人バンザイ🙌でございます。

我が家の再興&復興は間違い無しでございます。

我が事業の急上昇気流に乗る事は間違い無しでございます。

私自身は、今民法と云う私的な権利義務関係を規定した法律を学習しているのでございます。

その民法の中でも、家族法の分野の学習に精を出しているのでございます。

特に相続&遺言書&養子縁組に関係する条項を学習しているのでございます。

あの織田上総介信長は、バテレン人との交渉も力を入れていたのでございます。

織田上総介信長は、新しい物が好きであり物だけでは無く人に対しても興味津々な気持ちを抱いていたのでございます。

そしてバテレン人に従っていたアフリカ地区出身者を、織田上総介信長の側近として可愛がっていたのでございます。

またアフリカ地区の側近も、織田上総介信長に対して恩義を感じていたのでございます。

何時もお館様お館様と云って、織田上総介信長のガードマン的な存在でございました。

あの織田上総介信長の男色である美男子の、森欄間なども嫉妬するような対応でございます。

合戦場では、性欲のはけ口が無いのでございます。

そこで大将各の武将は、美男子を雇用して合戦場での性欲のはけ口にしたのでございます。

森欄間の一家一門衆は、織田上総介信長の側近かつ男色の相手をする事で数多の領地を頂く事が出来たのでございます。

ところが天下統一目前となった時に、本能寺と云う防御施設の脆弱な、織田上総介信長の宿舎に合戦上手な明智日向守光秀が攻め込んだのでございます。

そんな時にも、アフリカ地区出身者の佐助と森欄間は何方が織田上総介信長様が本当に好きな相手かで揉めていたのでございます。

織田上総介信長は云ったのでございます。

佐助も森欄間も、共に好きだと云ったのでございます。

私自身も若い頃には、司法試験の受験生でございました。

昔話ではございますが、テレビ📺ドラマで101回目のプロポーズと云う武田鉄矢先生の番組を視聴していたのでございます

武田鉄矢先生は、司法試験受験生であり毎回不合格の憂き目に遭遇していたのでございます。

ところが武田鉄矢先生は、稼ぐ力も備わっていないにも関わらず若くて綺麗な女子に対して101回も好きですと云ったのでございます。

そして102回目にÓkのサインを頂く事に成功したのでございます。

私自身も、好いてる女子に好いとるけんと云う事が出来いのでございます。

私自身は、九州男児でございます。

しかしながら好いてる女子に対して、好いてると云う事が出来いのでございます。

令和4年1月22日の事【2】

私自身が武将連中の中で一番に好きなタイプの妻【女子】は、ダントツに山内一豊の妻ちよでございます。

山内一豊は、織田家でも織田上総介信長の家筋では無く岩倉織田家の執事職の家筋の人でございます。

山内一豊の主君筋岩倉織田家は同じ一門衆ではございますが一段下の織田上総介信長の軍勢に敗北したのでございます。

山内一豊は、主君筋殺しの織田上総介信長を討ち滅ぼす為に尾張國は清洲の城下に家臣筋二人と潜伏していたのでございます

そして織田上総介信長を討ち死果しす絶好の機会が巡って来たのでございます。

山内一豊は、家臣筋二人と共に織田上総介に槍を突き刺したのでございます。

ところが織田上総介信長は、勇者山内一豊の槍を払い退けたのでございます。

山内一豊は、槍の使い手でございます。

その槍を身軽に織田上総介信長は、払い退けたのでございます

この織田上総介信長の器量に圧倒された山内一豊は、その場にひざま付き家臣筋にして下さいと懇願したのでございます。

織田上総介信長は、能力重視で家臣筋を採用する事で知られた武将でございます。

山内一豊の槍をかわしたものの槍の使い手であると見抜いていたのでございます。

織田上総介信長は、即答で山内一豊を採用したのでございます

そして木ノ下藤吉郎秀吉の家臣筋に編成したのでございます。

山内一豊は律儀者でございます

主君筋木ノ下藤吉郎秀吉の指示には、自分自身の命を掛けて働いたのでございます。

しかし木ノ下藤吉郎秀吉は思っていたのでございます。

山内一豊は、勇猛果敢な武将ではあるが要領が悪く機転が良く無い所があると見抜いていたのでございます。

そこで浅井長政の家臣筋であるちよと云う女子を妻に娶るように設定したのでございます。

このちよは、ご主人様山内一豊とは違い機転の効く女子でございました。

また山内一豊は、ちよ以外の女子には目もくれず一途にちよ命を貫き通したのでございます。

しかしちよは、山内一豊の子供を産む事が出来なかったのでございます。

しかし山内一豊は、ちよ一筋でございます。

そしてちよの指導に従い関ヶ原の戦いでは、徳川家康の陣に名刺入れを提出したのでございます。

そして最終的には、土佐國25万石の國主に納まったのでございます。

世の中の人々は云ったのでございます。

山内一豊は、妻ちよの運の良さと機転の良さによりて土佐國の國主に就任する事が出来たのであるぞ。

私自身も、山内一豊の妻ちよのような聡明な新妻を持ちたいものでございます。

すると我が家の再興&復興も思いのままだと考えるのでございます。