法然聖人の事

法然聖人は、元々は現在の岡山県の警察権を司る地方の役人の子弟でございました。


父親は漆間氏と云うれっきとした武門の家の人でございます。


ところが近隣で貴族や寺社や神社の委託を受けて管理を請負っている武士がいたのでございます。



警察権を司る漆間氏と荘園領主から管理を委託されている武士と激しく対立していたのでございます。



ある日の事でございます。



荘園領主から管理を委託されている武士が、漆間氏の館に夜討を仕掛けたのでございます。



漆間氏も武士でございます。



夜討に対しても、一族郎党を掻き集めて抵抗しましたが多勢に無勢でございます。



漆間時国は、深い傷を負い横たわっていました



そして敵の大将が、漆間氏の首の斬り落とそうとしていた時に九歳になる法然聖人は敵の大将に対して弓矢を放ちました。



九歳の法然聖人の弓矢は、見事に敵の大将の首を貫き通しました。



大将が傷を負ったために、漆間氏の首を取る事が出来ずに自分自身の館に帰って行ったのでございます。



傷を負い横たわっていた法然聖人の父親は、父親の仇討をしようと敵の大将を討ち取ってはならないと法然聖人を諭した。



父親は武士の身分を捨てて、比叡山延暦寺に行き自分自身の供養をして高僧になって来れと懇願した。



九歳の法然聖人は、父親の意見を受け入れて比叡山延暦寺に入山した。



そして15歳になる時に、比叡山延暦寺に存在していた経典を総て読破して理解してしまいました。



そして比叡山延暦寺で学ぶ事は、もはや無いと云って比叡山延暦寺を降りて宮の古寺で南無阿弥陀仏の布教活動に性を出したのでございます



法然聖人は、比叡山延暦寺で知恵第1の法然坊と云われた天才でございます。



法然聖人の檀家には、大政大臣や摂政関白殿下や左右大臣や内大臣や武官の最高職近衛府の左右の大将などが並び立った。



ところが比叡山延暦寺と対立していた奈良仏教の幸福寺からの弾圧が加えられたのでございます。



奈良の幸福寺は、藤原家の氏寺であり摂政関白殿下自ら幸福寺の僧兵を宥めましたが氏の長者の意見も無視されてしまいました。



法然聖人は、土佐国流罪になってしまったのでございます。



しかし法然聖人は、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏の教えを継続して公卿や武家の保護者を受ける事になったのでございます。



江戸幕府の芝の増上寺も、浄土宗であり徳川家の氏寺でございます。

武士の乗用車は馬🐎である事

私自身の乗用車は、あと1カ月で車検証が切れでしまいます。


そこで最後のドライブ先として、静岡県清水区に向かっています。



朝4時に我が家🏠を出発して、現在昼間2時ですが彩の国埼玉県入間市で休息中でございます。



今から夜中までは、入間市スーパー銭湯で寝たり風呂に入ったりサウナに入ったりして運動不足を解消しようと思い浮かべています。



そして夜な夜な東京都青梅市を通過して奥多摩町!山梨県小菅村を通過!そして山梨県大月市にて国道20号線を横切り山梨県都留市!富士吉田市を通過して国道1号線に突入したいと思い浮かべています。



源平合戦の時に源頼朝が、木曽義仲軍の討伐に弟の源範頼を御大将に副大将に源義経を派遣したのでございます。



源頼朝公は、2頭の名馬を所有していました。



そこで梶原景時や御大将源範頼など、今回出陣する武将が源頼朝が所有している名馬をおねだりに来たのでございます。



武士の習慣として合戦に行く前に、御大将に名馬をおねだりすると云う風俗がありました。



他人様から、おねだりされる程の名馬を所有している事が一種のスティタスでありました。



しかし源頼朝は、もしも源頼朝が攻め立てられた時に逃げ切るためには名馬は必須アイテムだと云って断りました。



名馬をおねだりした武将たちは、皆皆様が欲しい欲しいと云って残念がったのでございます。



そして源頼朝の祖父源為義の代から忠実に付き従っていた、近江国の大豪族佐々木氏の4男佐々木高綱源頼朝の元に出陣の挨拶に来たのでございます。



すると源頼朝の方から佐々木家の人々は、祖父源為義や父親の源義朝の代から源家のために奉職して来れている最も源頼朝が信頼性を持つ家臣筋である。



特に我が父親の源義朝が、平治の乱でやけくそになり無謀にも平清盛の館に夜襲を仕掛けた時に身を呈して我が父親の全面に立ち我が父親を逃がした大恩人であるぞ。



その大恩人である佐々木家のお主を、なんで軽んじる事が出来ようかと云った。



そこで源義朝が所有している名馬の一頭をお主に挙げたいと思っていると云った。



他の大将各の武将が、我が所有している名馬をおねだりに来たがお主に挙げたいと思い総て断ったぞと云った。



佐々木高綱は大大感激してしまった。



優秀な武将も、名馬に乗るか乗らないかで手柄の優劣が決まります。



御大将の名馬を頂いたからには、この佐々木高綱宇治川を第1番目に渡り切り先陣を達成いたしますと云った。



その佐々木高綱の言動を聴いていた並み並み居た御家人は良くも優勝宣言をして大丈夫であるかと囁きあった。



佐々木高綱は、現代風に云うならば、オリンピックで金メダルを宣言したようなものでございます。



私自身も、ベンツやレクサスなどの名車に乗れば、静岡県清水区には2時間で到着します。



武将にとっては、名馬はベンツ&レクサス&ランボルギーニカウンタックのような物でございます。

源三位入道頼政の事

源氏系統には、大きく分類して頼光流と頼信流に分ける事が出来ます。


源頼光は兄であり、源頼信は弟でございます。



兄の源頼光は、宮に近い畿内地区に数多の領地を相続していました。



一方弟の源頼信は、関東地区の数多の領地を相続していたのでございます。



関東地区には、元々は桓武平氏の系統の一族が地主として数多の在地領主として勢力を張り巡らせていました。



ところが武力行使に長けていた源頼信は、平氏の館内に夜討や夜襲を繰り返していたのでございます。



特に勢力が大きく平氏の中でも血筋の良い一族が、源頼信の狙い打ちになったのでございます



この平氏の系統が、あの貴族政治を打倒して武士階級の政治を実現した平清盛の家系でございます。



源頼信から狙い打ちされた平氏は、伊勢丹国や伊賀国に領地を数多頂き地盤を関東地区から伊勢や伊賀に移したのでございます。



この平氏一族の構想が大成功して、伊勢や伊賀の武士を糾合して京都に進出したのでございます。



ところが世の中は乱れ、彼方此方で武士が反乱を起こしました。



朝廷では公卿たちが会議を開催して対策を協議したのでございます。



そこで武力行使に長けた源頼信が選抜されたのでございます。


源頼信は、大の合戦好きであり派遣された地区の武士を自分自身の勢力に糾合したのでございます。



この源頼信の後を継いだ武将が、あの前九年の役後三年の役を戦い抜いた源頼義源義家の親子でございます。



源家の嫡流家は、源頼光流から源頼信の系統の家に移っていました。



しかし源頼光流の系統の家も、京都に近い畿内地区に根強く地盤を固めていたのでございます


この源頼光の系統に、源氏で三位まで昇進した源頼政がいるのでございます。



源頼信流の源義朝が、平治の乱で敗軍の大将として京都を脱走して昔の家来尾張国知多半島で休息していた時に風呂場で暗殺されてしまいました。



源義朝は、律儀な性格であり裸姿では合戦する事は恥ずかしいから着物👘を着るまで待った待ったと云ったのでございます。



この源義朝の裸姿では合戦する事が出来ない律儀な性格により、格下の武士に討たれてしまったのでございます。




そして源義朝の三男である源頼朝が、平氏に捕らえれて伊豆国流罪となってしまったのでございます。



源頼朝は、三男ではありましたが母親が熱田神宮の大宮司職の姫君だったので兄たちを飛び越えて源家の棟梁に指名されていたのでございます。



そこで源頼光流の源家が、平氏に忠勤的に奉職して三位まで昇進したのでございます。



しかし平氏政権の余りの横暴な政治に、本来的な源家の血を抑える事が出来ずに後白河天皇様の王子様高倉宮を唆し平氏打倒の謀反を起こしたのでございます。

明日から静岡県清水区まで行く事

私自身、明日から静岡県清水区に行く日になりました。


朝2時頃に起床して、昨日から明日着て行く服にムカデ殿が取り付いていない事を確認したスーツ&ワイシャツ&パンツ&靴下を密閉容器に入れました。



明日は国道16号線を春日部方面に浸すら向かいます。


途中でマイネオの契約書を交すために、秋葉原に存在するマイネオショップに行く予定でございます。


しかし明日の天気予報では、千葉県我孫子市周辺は弱い雨☔が降る予想でございます。



先週の金曜日にも、秋葉原のマイネオショップに行く予定でありました。


ところが途中からゲリラ豪雨に遭遇して、山手線で秋葉原から新橋駅まで引き帰りました。



因みに武士言葉として、相手の武士から弓矢や刀で斬られた事を射させたとか斬らせたと云います。



武士は受け身を嫌います。



そこで弓矢で射られたとか、刀で斬られたなどは如何にも弱々しく感じられてしまいます。



だから自ら弓矢を射させたんだとか自ら刀で相手に斬らせて来れたのだと云う意思表示をするのでございます。



秋葉原で契約書を交した後には、晴れて静岡県清水区まで行く事になります。



国道16号線を春日部通過!埼玉県埼玉市通過!そして川越市を通過して埼玉県入間市スーパー銭湯でいっぷくします。



このスーパー銭湯は、金額は450円と云う破格のプライスダウンの入浴料でございます。



其れからは私自身が、住まいたいベスト1の青梅市に入ります。


付に奥多摩町を通過して、予防としては熊に遭遇しないように気を付ける事でございます。



次は奥多摩町を抜けて、山梨県小菅村に入り大月市から国道20号線に入り込みます。



しかし国道20号線は通過するだけでございます。



目指すは都留市から河口湖町を通過して、富士吉田市を通過して国道1号線に出ます。



もう国道1号線に出れば、此方の勝利でございます。



後は富士市に存在する道の駅でいっぷくします



そして国道1号線の蒲原を通過して、直ぐに静岡県清水区に到着でございます。



三保の松原東海大学海洋博物館を見学する予定でした。



ところが緊急事態宣言により、公共施設は皆が休館になりました。



駿府城静岡県名産の抹茶を飲む予定でございましたが何と駿府城が休館になりました。



糖尿病患者としては、砂糖は絶対に吸収してはいけません。



だから静岡県静岡市駿府城公園が休館日である事をポジティブに考えています。



そして次の月には、JRバスで名古屋駅までバス旅でございます。



乗車券は、早割で東京駅から名古屋駅まで2400円でございます。



昔ならば考える事が出来ない金額でございます



日本国もデフレスパイラルに陥っていま事を実感した次第でございます。



1カ月五万円で暮らしていま私自身は、デフレ経済は真に有難い事でございます。

院政第1号白川上皇陛下の事

藤原鎌足以来、天皇陛下の妃に自分自身の娘を入内させて娘が産んだ王子様を次の帝位に就任させる。


そして藤原家自らが、幼い天皇陛下の政治の補佐役として摂政関白殿下が実権を掌握する。



一方幼い天皇陛下の父親は、上皇陛下として余生事をお暮らしになるが実際は隠居の身分でございました。



ところが白川天皇陛下の母親は、珍しく藤原家の姫宮ではありましたが摂政関白殿下の姫宮では無く二流貴族の出身者でございました。



摂政関白殿下の家の人々は、各地に荘園を数多持ち合わせ皇族の経済的力を越える力強さがございました。



そこで摂政関白家に繋がらない白川天皇を、摂政関白家に虐げられていた生え抜きの御公家さんたちが徒党を組んで白川天皇をバックアップしたのでございます。



この白川天皇陛下は、上皇陛下に即位しましたが息子さんの天皇陛下の政治は自分自身が取るので摂政関白殿下家は口出しする必要性はないぞと云った。



そして白川上皇陛下は、院と云う御所に息のかかった公家や武士を狙い撃ちして院の御所に奉職させたのでございます。



結果天皇陛下に奉職する貴族や武士よりも、院の御所に奉職する貴族や武士が数多存在する事になった。



白川上皇陛下は、息子さんや孫さんの妃選びにも口出しをして二流三流の藤原家やそれ以外の貴族の出身者から妃を選抜したのでございます



この政策により摂政関白家の政治力は弱まり他の貴族の力が相対的に上昇したのでございます



また摂政関白家や寺院や寺社が、全国各地に所有していた領地を武力行使により減少させる政策を取りました。



その方法としては、各地の国司武力行使に優れている武士階級の人々を国司に選抜しました



この武士階級の人々が国司として赴任すると、暴力的行使を使って貴族や寺社や寺院の領地を奪い取ってしまい院の領地にしてしまうと云う方法を取りました。



ところが貴族は武力行使には対抗する事は出来ませんでした。



しかし寺社や寺院では、学者の僧兵自ら武装化して国司に指名された武士階級に対抗したのでございます。



特に源義家の嫡子である源義親が、白川上皇陛下の指名により美濃国国司に赴任したのでございます。



八幡太郎義家と云うと、超人的な武将として知られていました。



その八幡太郎義家の嫡子である源義親も、武勇に優れた武士でございました。



そこで白川上皇陛下は、源義親美濃国国司に指名したのでございます。



源義親は、白川上皇陛下の期待通りに寺院や神社の領地を片っ端から攻め取る事に成功したのでございます。



しかし美濃国にある末神社や末寺院は、京都に存在する本寺院や本神社に神輿を担いで訴えたのでございます。



白川上皇陛下も、京都にある比叡山延暦寺や加茂神社や由緒正しき寺院や神社の訴えに対しては引き下がるしかございません。



そこで美濃国国司である源義親を、不本意ではありますが流罪にしたのでございます。

源頼義&源義家親子の事

現在の東北地方は、陸奥国出羽国のニカ国で構成されていたのでごさいます。


しかし東北地方は、宮から遠く離れていたために国司が赴任しても朝廷の権威が届かない地区でごさいました。


陸奥国では阿部一族の意向が強く、国司の権威も無視する有様でごさいました。



また出羽国では、清原氏の意向が強く陸奥国と同様に朝廷の権威は行き届く事がございませんでした。



そこで朝廷では考えを思案したのでごさいます



そして国司に指名したのが武士階級の家の人を選択したのでごさいます。



源頼義源義家親子は、武将としては当時最高に強い武士でごさいます。



朝廷では力の強い武士階級を国司に指名して、陸奥国出羽国の豪族の力を武力で削ぐ対策を採用したのでごさいます。



国司に指名された源頼義源義家親子は、東北地方に赴任する途中途中で地元の豪族たちを掻き集めて東北地方に赴任したのでごさいます。



特に坂東武者は、源氏の氏長者である源頼義源義家の陣に馳せ参じたのでごさいます。



ところが阿部一族の抵抗戦略に遭遇してしまい12万もの歳月を費して阿部一族を討伐したのでごさいます。



源頼義源義家親子は、阿部一族の首を揃えて京都に凱旋帰国を果たしたのでごさいます。



しかし朝廷の源氏に対する対応は、冷たい物でごさいました。



12年間で摂政関白殿下も大政大臣も左大臣も右大臣も内大臣も武官の最高職近衛府の左大将や右大将も様変りしていたのでごさいます。

私自身は夏場大好き人間の事

私は、九州は肥前国の出身でごさいます。


九州地区は、火山活動が活発であり九州地区の男子を別名燃える男と云う名詞で呼ばれています。



我が先祖の肥前国も、雲仙地獄谷を持つ燃える地区でごさいます。



私自身も、冬場はどんと欲しい欲しいとう鳴っています。



一方夏場は、裸で過ごしアイスクリーム&かき氷🍧を食べれば元気いっぱいオロナミンÇでごさいます。



今は夏場本番であり、私自身の季節でごさいます。


車での車中泊も、夏場は楽ちんでごさいます。



一方冬場は、マイナス20℃に絶え得る寝袋&毛布を重ね着してもやはり寒いのでごさいます。



もし戦国時代に産まれていたならば、冬場の合戦は辞退して夏場だけの合戦に参戦する事を惣領主に申し込むかもしれません。


しかし戦国時代の一門衆は、神仏に一門衆が名前を書き連ねて一致団結して闘う誓いを立てる事が必須アイテムでごさいます。



そこで私自身も、冬場で足場が良い場所には行くが足場の悪い合戦上には行かない選択肢は無理無理でごさいます。



私自身は、8月は静岡県清水区に自動車で走り抜けます。



そして静岡県静岡市駿府城で抹茶を飲んで参りたいと思います。



また次は名古屋駅まで東名ハイウェイバスで旅路に行く予定でごさいます。



東名ハイウェイバスの早割で申し込むと、東名と名古屋駅まで2400円で行く事が出来ます。



次は柏市に存在する道の駅湘南で車中泊を楽しみ、途中満天の湯に浸かり日頃のうっぷんを晴らしたいと思うのでございます。