令和4年1月28日の事【2】

筋肉トレーニング&体操は実践したのでございます。

内容は3キログラムのダンベルの上下運動3百回でございます。

朝入酸素運動は8割5分達成したのでございます。

内容は、我が愛車【テレワーク&趣味の車中泊キャンプ】の洗車を3時間を費やしたのでございます。

当然の事でございます。

ワックスがけは、最高級【2千円相当】の物を使用しているのでございます。

我が先祖の宗派浄土真宗本願寺派の読経の実践でございます。 

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・現世利益和讃。

親鸞先生バンザイ🙌でございます。

法然上人バンザイ🙌でございます。

我が家の再興&復興は間違い無しでございます。

我が事業の急上昇気流に乗る事は間違い無しでございます。

理由は陰陽師博士に占って貰ったからでございます。

朝廷では、何かしら不思議な事柄が起きると陰陽師博士を呼び出し考えさせるのでございます

その中でも、安倍晴明の子孫は占い🔯の名人だったのでございます。

また源平合戦の際にも、平氏方の舟には陰陽師博士が常駐していたのでございます。

源平合戦の最後は、壇ノ浦の戦いでございます。

平氏系統は、元々は伊勢國や伊賀國の国司職に指名されたり領地を数多所有していたのでございます。 

そこで伊勢平氏と云われていたのでございます。

伊勢國は、海に面した大国でございます。

伊勢平氏は、海上輸送を担う事で海賊集団の頭としても活躍していたのでございます。

壇ノ浦の戦いでは、海での合戦に長けた平氏方が優勢でございました。

潮の流れを熟知している平氏系統としては、当然の事でございます。

一方で源義経源範頼に付き従っていた関東地区の武士団も陸上での合戦が得意分野ではございます。

しかしながら幾度の平氏方との合戦で、海上での合戦にも慣れていたのでございます。

また勢い旺盛な源氏方に味方する水軍【熊野水軍&三浦介の水軍&四国の河野水軍&松浦水軍】など数多の水軍が源氏方の陣に参陣していたのでございます。

最初は平氏方優勢でございました。

ところが平氏方の舟の底を、何とイルカ🐬が貫通したのでございます。

この不思議な現象事に対して平氏方の総大将平宗盛が、連れて来ていた陰陽師博士に占わせたのでございます。

すると考えた陰陽師博士は平宗盛に云ったのでございます。

イルカ🐬が舟の底を貫通する事は合戦に敗北する前兆でございますと云ったのでございます。

すると潮目が替わり源氏方が優勢になってしまったのでございます。

そして源平争乱は、壇ノ浦の戦い平氏方の敗北が決定したのでございます。