武士の鏡清水宗治

安芸国の少領主であった毛利家は、安芸国守護職大名武田家にこき使われていた。

この安芸国守護職大名武田家は、甲斐国武田家の分家である

源頼朝が、関東武者を引き連れて平家打倒の狼煙を挙げた時に甲斐国から武田源氏を引き連れ参陣した。

源頼朝は大いに喜んだ。

平家一門衆を壇ノ浦の戦いで討伐した後に、甲斐源氏の人々は各地の守護職を拝命した。

その武田源氏の一人が、安芸国守護職に任命された。

安芸国に元々いた武士団は、一様は安芸国の各地の地頭職に任命された。

しかし地頭職と国の守護職では権威と権限が違い過ぎた。

地元出身の地頭職たちは、よそ者である武田家の家来のような扱いを受けた。

しかし鎌倉時代から室町期を経て、戦国時代に入ると守護職大名の力が弱くなった。

守護職大名武田家も例外ではない。

ところが安芸国と堺を接する大内氏や尼子氏などが、安芸国の地頭職たちに圧力を掛けて来た

こんな時代背景に毛利元就が現れた。

この毛利元就は、知略に優れていただけではなく騙し討や謀殺なども得意とした。

そして遂には安芸国の地頭職たちは、連合体を組織して大国大内氏や尼子氏などに対抗した。

この毛利元就の策略は見事に成功した。

そして毛利元就は、安芸国の地頭職たちを纏めて中国地方の大半を手中に収めた。

ところが織田上総介信長が、毛利家の拡大戦略に待ったをかけた。


そして毛利家討伐の総大将に木下藤吉郎秀吉を大抜擢した。

木下藤吉郎秀吉は、大大名の毛利家を追い詰める事に成功した

ところが主君の織田上総介信長が、本能寺の変明智日向守光秀に斬殺されてしまった。


木下藤吉郎秀吉は、毛利家に対して和議を申し込んだ。

毛利家との和議に持ち込んで主君殺しの明智日向守光秀を討伐する必要性があった。


毛利家方も、有り難い和議の条件だった。

その和議の条件は、毛利家の領地は全て安堵する。


そして毛利家の最前線で合戦している総大将清水宗治だけが切腹すれば良いと云う条件であった。

この清水宗治は、毛利家とは何ら縁戚関係もない家柄の人である。

そのような清水宗治は律儀にも毛利家には恩義があると云って和議を受け入れた。

木下藤吉郎秀吉たちが観ている前で、見事な舞を披露して見事に切腹して果てた。

木下藤吉郎秀吉は見事な最後であるぞと云っては、清水宗治の🏯に立て籠もった人々の生命を助けた。

そして清水宗治の一族郎党を全て木下藤吉郎秀吉の重臣として雇用した。